ホスピピュアで黒乳首がキレイなピンクになったら

私が自分の乳首にコンプレックスを感じたのは、中学生の頃です。

中学生ぐらいの女子って、そういった事に興味を持ちだして色々な情報が入ってきます。

友達とパソコンでえっちな画像とか見るんですよね。

そんな中で見た、女性の中で本当に乳首が真っ黒な人がいたんです。

友達は「これはヤバイよ!」とか「汚いよね」なんて言っていましたが私もその人と変わらないような乳首の色だったんです。

その時に初めて「自分の乳首の色は他の人より黒い」という事を感じました。

それまでは、友達のを見ても比較するという事はなかったんです。

それからは着替えの時も誰にも見られないようコソコソして、修学旅行のお風呂なんてどうやって見られないように入るか!しか考えていませんでした。

 

二泊三日だと、2回も入らないといけないので、憂鬱すぎて修学旅行に行きたくないぐらいでした。

 

本当は皮膚科か美容整形に行くのが一番良いのかも知れませんが、お医者さんとわかっていても自分の胸を見せるのは凄く抵抗があります。

 

出来れば、誰にも見られずに一人で家の中で何とかしたいのが正直な気持ちです。

そんな時にネットで知ったのが乳首の黒ずみを薄くするクリームが売られていると言うことでした。

 

最初にそれを知ったときは「乳首の色で悩んでいるのは私だけじゃないんだ!」と嬉しく思いました。

 

そういったクリームが売られているって事は必要としている人がいるって事ですもんね。

 

乳首ケアのクリームはそんなに多くの種類があるわけではなくて、調べるのに時間はかかりませんでしたが、やっぱり湘南美容外科が開発しているホスピピュアは信用度が違いました。

 

デリケートな部分に使う物ですし、お医者さんが太鼓判を押しているものの方が安心です。

そこで、ホスピピュアのことを書いているサイトやブログを徹底的に読みあさりました。

 

実際に買って使っている人って、勇気があるなって思いました。

「乳首の黒ずみ解消クリーム」って買うのはやっぱり恥ずかしいです。

いくらネット通販でも自分が乳首の色で悩んでいるのがバレちゃうわけですし、今まで誰にも言ってこなかった悩みをネットを通じてでも人に知られたくないと思うんです。

でも、色んな人の書き込みを見ていると「行動しなければ何も変わらない」って事に気づかされました。

ネットで情報を集めているだけでは私のコンプレックスがなくなることはないんです。

私と同じように乳首の色にコンプレックスを持っている人も行動してみてください。

行動しないと勝手にコンプレックスがなくなることはありません。